| お悔やみ電報のマナーや宛名 文例・例文の紹介 |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お悔やみ電報を打つ時は敬称などに気をつけよう

お悔やみ電報の作り方で悩んでいる人は意外と多いと思う。

これの作り方は意外と難しい。

お悔やみ電報を作ったことがある人なら分かると思いますが、これにはマナーが色々とあって大変ですよね。

例えば、敬称の書き方。

お悔やみ電報では、ご母堂様 お母様 お母上様 母君 ご亡母様 ご賢母様。

その他、お姑様 お母上様 お母様といった色々な書き方があるので大変です。

また、これを送る時には送るタイミングなどもあり色々と苦労します。

これからお悔やみ電報・弔電を作って送ろうと思っている人もいるでしょう。

叔父が交通事故で亡くなったのでお悔やみ電報を送ろう。

そんな事を思っている方もいるのではないでしょうか。

そういった方は、弔電のマナーに気をつけながら作ってくださいね。

スポンサーサイト

| お悔やみ電報のマナーや宛名 文例・例文の紹介 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。