| お悔やみ電報のマナーや宛名 文例・例文の紹介 | おくやみの言葉を申し込みするなら、電話番号「115」から受付するといいですよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔電をお通夜といった時にもらったのなら、お礼状を送りましょうね

お悔やみ電報・弔電をお通夜といった時にもらったのなら、お礼状を送りましょうね。

ここでは、そのことを少し説明していきたいと思います。

お悔やみ電報・弔電をお通夜といった時にもらうこともあるでしょう。

そういった時には、必ずお礼状を送りましょうね。

お悔やみ電報を送ってくれた方というのは、遺族を悼んでこれを送ってくれました。

それなのに、こちらはお礼状の挨拶も送らないとなると失礼ですよね。

お悔やみの電報を送ってくれた方というのは、御礼の返信が欲しくて送った訳ではありませんが、これがこないとガッカリする方もいるでしょう。

「わざわざ弔電を送ったのに、お礼状もこないなんて・・・」と落ち込む人もいるかも知れません。

ですので、お悔やみの電報をもらったのでしたら、御礼の言葉を渡すようにしましょうね。

話の内容は変わりまして。

お悔やみ電報とは、社葬 葬儀 告別式 お通夜 お別れの会に参列できない際に、遺族に対する訃報 哀悼の意を表すための物のこと。

または、親戚に依頼・手配して送ってもらう事です。

おくやみの電報のマナーはたくさんあり、それは次のようになっています。

1 いつ書くのか あて先・宛先 宛名の書き方はどうするのか
2 おくやみの電報の差出人の打ち方 お礼状はメールでいいのか
3 夫婦の連名の仕方 送り先 またこれらの送り方・出し方

といったおくやみの電報の決まりがあるようです。

これらは、私も何度か困った事がある内容で、知り合いの方に聞きながら仕上げましたよ。

お悔やみ電報の詳しいことは、教えてgooなどのサイトを参考に。

これを海外に送る時の送料のことや。

お悔やみの電報の文章を上手に作るコツ等が載っていますよ。


| お悔やみ電報のマナーや宛名 文例・例文の紹介 | おくやみの言葉を申し込みするなら、電話番号「115」から受付するといいですよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。