おくやみの言葉を会社に送る時には、敬称の部分に気をつけよう| お悔やみ電報のマナーや宛名 文例・例文の紹介 | おくやみの言葉を喪主に送るときには、渡すタイミングに注意しましょうね

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔電を打つ時には、あて先・宛先の部分を間違えないようにしよう

お悔やみ電報・弔電を打つこともあるでしょう。

そんな時には、あて先・宛先の部分を間違えないようにしましょうね。

ここでは、そのことについて説明していきたいと思います。

お悔やみの電報というのは、色々なマナーがあって難しいです。

例えば、丁寧語 尊敬語。

お悔やみの電報を作るときには、こういった部分に気をつけるのではないでしょうか。

弔電を打つ時に、友だち口調(ため口)で作っては失礼ですよね。

手紙・レターといった場合にはいいかもしれませんが、お悔やみの電報というのは亡くなった方を悼むものです。

それを友達口調で書くのは、おかしいですよね。

「なんだ、この人は!」と相手にムッとされることもあるでしょう。

そうならないように、お悔やみの電報を打つ時には丁寧語 尊敬語で作っていきましょうね。

その他にも、あて先・宛先といった所も大事な部分です。

ここは、間違える方が多いところとなっています。

お悔やみの電報を書くときには、あて先・宛先といった所にも気をつけておくといいでしょうね。

ところで、このように色々とある弔電のマナーに関することですが、そのほかにもあります。

例えば、次のようなことがあります。

1 お礼状カードの作り方 友人の母が送り先の場合は
2 お悔やみの電報のお礼のお返しタイミング 贈答の答え方 命日は書いていいのか
3 御礼を英文で書く際のやり方 気付の使い方 海外に送る際の仕方

などのお悔やみの電報のマナー・常識があるみたい。

これらは、多くの方が悩んでいる内容で、良くネット上の掲示板で話題になっています。

おくやみの電報を書くときには、注意しながら作っていくといいでしょうね。


おくやみの言葉を会社に送る時には、敬称の部分に気をつけよう| お悔やみ電報のマナーや宛名 文例・例文の紹介 | おくやみの言葉を喪主に送るときには、渡すタイミングに注意しましょうね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。